チームのためのグループ意思決定ガイド

グループの一員として意思決定を行うことは、困難な場合があります。 まず、適切な人々、つまりその分野の専門家が必要です。 次に、彼らに話をさせ、目の前の問題に同意させる必要があります。 そして、ここからが問題の始まりです。 誰もが自分の意見を持っており、誰も妥協しようとしないのです。 グループ意思決定のスキルを正しく適用する方法を知ることが、必要な解決策となります。

この記事では、次のことを明らかにします:

✅ 効果的なグループ意思決定プロセスを確立するには?
✅ 最も優れたグループ意思決定方法とは?
✅グループの意思決定を効果的にするには?

早速、飛び込んでみましょう!

グループ意思決定の基本

意思決定プロセスの整理方法のステップに入る前に、グループ意思決定とは何かを見てみましょう。

チームワークと意思決定のグループ活動はほとんど同じであるという誤解に陥る人がいます。

グループでの意思決定とチームワークは、複数の個人がさまざまな問題や状況を分析し、その解決方法を検討するものです。 しかし、KatenbackとSmithがその著書『The Wisdom of Teams』で指摘しているように、「チームの知恵」。 しかし、KatenbackとSmithが『The Wisdom of Teams: Creating the High-Performance Organization』で指摘しているように、グループの意思決定とチームワークにはそれぞれ特有の違いがあるのです。 ここでは、その代表的なものを紹介します。

グループメンバー チームメンバー
自立 各自 グループメンバーは独立している チームメイトは自分自身と仲間に依存している
リーダーシップ 決断力7246> リーダーを持つグループ
パフォーマンス評価 グループのパフォーマンスは直接測定できない チームのパフォーマンスと仕事の成果は測定できる
意思決定 グループのメンバーは議論しています。 7246> Team members discuss, decide, and do the work

The overall effectiveness of group decision-making depends on many factors.グループ意思決定の全体的な効果は、多くの要因に依存する。 たとえば、時間の制約や根底にある対立は、グループの意思決定の結果に影響を与えることがあります。 だからこそ、問題が起こる前に、グループの意思決定の手順を確立し、その実施とともに監視することが肝要なのである。

グループの意思決定プロセス(ステップバイステップ)

さて、基本を確立したところで、以下は最も効果的なグループの意思決定プロセスの実施手順です!

計画 📝

計画の段階では、どのように決定してそれが成功したと知るかを決める必要があります。 これは2つの段階で行われます。

まず、会議、ブレーンストーミングセッションなど、どのタイプの意思決定ツールを使用するかを選択します。 これらについては、以下で詳しく説明します。

次に、なされた決定が成功であることをどのように知るかを決める必要があります。 それを理解するためには、意思決定の成功要因や基準を策定する必要があります。

そのためには、各ステークホルダーの目標、価値観、目的などを反映した基準を考えましょう。 基準を考える際には、様々な角度から取り組むことも可能です。

  • How is it going to work?
  • How much will it cost?
  • 既存のシステムにどの程度準拠するか
  • どの程度一貫性があるか
  • 既存のスケジュールにどの程度適合するか
  • あるいは基準を満たすように自分で作成する。

代替案の決定 🤔

代替案の決定段階で、専門家グループはいくつかの代替決定案を作成して選択しなければならない。 彼らは、計画セッションの要件を最もよく満たす5から9のソリューションから選択する必要があります。 この段階は、決定の数を減らし、グループを最も効果的なものに集中させるために重要である。 また、以前の状況で似たような解決策を探し、それが現在の問題に合っているかどうかを検討することもできます。

最善の代替案を選択する 💎

代替案の決定段階で選んだ解決策から最善の代替案を選択する時期がやってきました。 そのためには、各決定を意思決定プロセスの計画段階で設定した基準と比較する必要があります。

展開 📤

展開の段階では、決定を現実のものにするのです。 これには、最終的な決定に続くアクションとタスクの決定が含まれます。 また、プロセスをどのように組織化するかについての指導的要件も含まれる。

グループ意思決定の方法

グループ意思決定は、多くの注意と指導を必要とする微妙なプロセスである。 しかし、誰かが降参するまで単に1つの大きな議論や討論である必要はない。 より効果的に、より議論を少なくするために、ゲームや活動の形でグループ意思決定の方法を確立することを好むマネージャーもいます。

💭 ブレーンストーミング

ブレーンストーミングは、できるだけ多くのアイデアを生み出すことを目的とした、よく知られた手法である。 そのためには、メンバーのグループが必要です。 最適な人数は5~9人、グループリーダー、そしてフリップチャートです。

ブレーンストーミングのプロセスは2段階ある。

  • 第1段階では、グループリーダーが状況を詳細に説明し、各グループメンバーが問題の明確なビジョンを持つようにする。
  • 第2段階では、グループがすべての可能な決定を提案した後、彼らはそれぞれの決定が彼らの成功基準に一致するかどうかを評価します。

時には、グループのメンバーが自分のアイデアを提示するのに不安を感じるかもしれません。 この問題を解決するには、投票アプリ、チャット、または電子メールで、匿名でブレーンストーミングを行うことを提案するとよい。 参加者は互いにコミュニケーションをとる必要はありません。

名目上のグループ思考の手順:

  • グループメンバーは自分のアイデアを紙に書き、グループリーダーに手渡す。
  • グループメンバーは、順番にアイデアにコメントし、改善や明確化を提案する。
  • 参加者がアイデアを議論した後、それぞれのアイデアの長所と短所を評価し、最も良いものに投票する。 グループ参加者は、投票を紙片で行ったり、アイデアの優先順位をつけたりする。
  • グループリーダーは投票を集め、最適な解決策に関する結果を出す。

🙋♂️ ♀️ デルファイ法

デルファイ法は、遠隔で働くエキスパートグループで最もうまく機能する。 この方法では、グループのメンバーは、問題に対する最適な解決策を見つけるために一箇所に集まる必要がありません。

デルファイ法の手順:

  • 進行役は問題を定義し、専門家のパネルを選択する。
  • 専門家は、アンケートの形で問題に対する可能な解決策を提案する。 これらのアンケートは、問題についての一般的な考えを持っている必要があります。
  • 専門家がアンケートを完成させた後、ファシリテーターに渡す。
  • ファシリテーターは回答を分析し、与えられた回答に基づいて一連の質問を構成する。
  • ファシリテーターは、回答を分析し、与えられた回答に基づいて質問を作成する。第2ラウンドのアンケートでは、問題とその解決策についてさらに深く掘り下げる。

🤷♂️ ♀️ 弁証法的探求

弁証法的探求も、チームワークと選択肢の議論に集中したグループ意思決定手法である。 この方法は、問題の中に現れるかもしれない隠れた問題を明らかにするのに役立つ。 また、メリットとデメリットが多すぎて決められない場合に、決断に踏み切るかどうかの判断にも役立ちます。 タイブレークのようなものだと思えばいい。

弁証法的照会手順。

  • 意思決定グループを対立する2チームに分ける
  • 賛成チームは自分の考えを提案し、反対チームはそれに対するコメントと理由を共有する
  • チームは場所を変える
  • 今度は反対チームが考えを述べ、賛成チームが討論する
  • リーダーは誰の議論が強かったかを決定して登場問題に焦点を当てる

この手法は悪魔の証明の練習に変更することができる。 それは、グループのメンバーの一人が参加者のアイデアに反論し、反対意見を提案し、それゆえ潜在的な問題を明らかにすることを意味する。

グループ意思決定の長所と短所

グループ意思決定を考えるとき、その成功は多くの要因に依存することを言及する必要があります。 その中には、チーム・マネージャーのスキル、チーム・メンバー間の対人関係、人口動態の多様性などがある。

多くの要因の多様性にもかかわらず、専門家はグループの意思決定の一般的な長所と短所を開発することに成功した。

グループ意思決定の長所

グループ意思決定では、そのメンバーは次のことができる。

✅プロセスに関与するさまざまな専門家により、十分な情報に基づいた専門的な意思決定ができる。 特に、多様な文化的背景を持つメンバーが集まっている場合<3398>✅ 選択した決定について、後に現れるかもしれない隠れた課題やボトルネックを明らかにし、防ぐ<3398>✅ 課題解決に取り組む際、メンバー全員が最初から参加しているため、その後の課題や要件をより理解する<3398>✅ 議論や討論、集団作業を通じて課題解決に活発に関わることによってグループの協力関係を強化できる<3398>.

Why is collaboration important
Why is Group Collaboration Crucial

自分の仕事を理解している強力な専門家のチーム以上に、あなたのビジネスにとって有益なものがあるだろうか? コラボレーションするプロフェッショナルの強力なチームです!

Disadvantages of group decision making

どんなアプローチやテクニックにも、デメリットがないわけではありません。 ここでは、グループでの意思決定の主なデメリットを紹介します:

❌ 責任感の不在。 グループは集団的に決定を下し、誰も個人的に失敗の結果を負担しない
❌ 効果的でなく、時間がかかることがある。 これは、マネジャーが集団決定プロセスをうまく組織化できないと起こる
❌ 集団思考に陥る。 グループシンク現象は、対立や多すぎる議論を避けようと努力する人々のグループ内にしばしば現れる。 その結果、非論理的で不利な結果を招く
❌危険な解決策を考え出す。 集団がグループシンクからリスキーシフト現象に変わることがあります。 これは、個人の意思決定では決して起こらないような危険な解決策に集団が到達することです。 リスキーシフトは、個人が意思決定に対して個人的な責任を感じず、グループの裁量に任せてしまう場合に起こることがあります。

グループでの意思決定を最も効果的にする方法

ここでは、グループでの意思決定をより効果的に、退屈にしない方法について、いくつかの優れたヒントを集めました。

1⃣グループを小さくする

グループが大きければ大きいほど、その決定はより偏ったものになる。 グループは1グループ5人を超えないようにしましょう。 そうでないと、参加者は下した決定に対する責任を感じにくくなり、グループシンクに陥りやすくなります。

2️⃣グループを多様にする

単に人事を喜ばせるためだけではありません。 異なる背景を持つ人々は、変わった、しかし実行可能なアイデアを思いつくことができます。 こうしたアイデアは、ビジネスに大きな利益をもたらし、予期せぬ結果をもたらすこともあります。 また、このルールは異質なグループにも有効です。 男女が一緒に働くと、多様なスキルをよりよく発揮し、複雑な仕事をより速く果たすことができます。

3️⃣ 安全な環境を作る

誰もが自由に意見を交わせる職場環境を安全にするには、グループの意思決定プロセスにある程度の匿名性を持たせることが一番です。 そのためには、提案されたアイデアや批評を独自に収集します。 そうすることで、あなたが純粋に彼らの意見や発言に耳を傾ける準備ができていることを従業員に保証することができます。

4️⃣専門家に全面的に頼らない

あなたは、社員一人ひとりの長所と短所を知っているのかもしれません。 それでも、新しいアイデアや明白でない解決策を探すときは、すべての参加者の意見に耳を傾けることです。 そうすれば、支配的な意見やグループシンクのバイアスを避けることができます。

視覚的に学習する人は、グループでよりよい意思決定を行うための基本的な基本ルールのいくつかをカバーしたこのビデオを見てみるとよいでしょう:

Wrap up on group decision-making

グループの意思決定は、利益を生むビジネスにおいて不可欠な部分です。 そして、専門家のチームに頼らなければ、このような意思決定はできないのです。 社内で効果的なグループ意思決定プロセスを組織するには、多少の労力が必要ですが、プロの管理スキルと忍耐力があれば、すべて報われるでしょう。

私たちエバーアワーは、グループの意思決定プロセスを確立し、それをうまく管理する方法を学んでいただければと思います!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。