ブルーベリージュースは記憶力を高めるかもしれない

ブルーベリーの効果

研究者によると、ブルーベリーには抗酸化作用や抗炎症作用を持つ植物性化学物質が豊富に含まれているとのことです。 さらに、動物実験では、ブルーベリーに含まれるポリフェノール、アントシアニンが、記憶に関連する脳中枢のシグナル伝達を増加させるとともに、脳がグルコースを取り除く方法を改善することが示されており、これらはすべて、記憶の衰退を遅らせるのに役立つと考えられています。

この研究では、研究者は、記憶力の低下など加齢に伴う記憶力低下の問題を抱える70代の大人9人を対象に、ワイルドブルーベリージュースを飲むことによる記憶力低下の影響を調べました。

参加者は、市販の冷凍ワイルドブルーベリーを使ったブルーベリージュースを毎日約2.5杯ずつ12週間飲み続けました。 7人の高齢者からなる比較グループは、同じ期間、同量のプラセボ非果汁飲料を飲みました。

研究者は、研究の最初と最後に、単語連想やリストの学習・想起タスクなどの記憶テストを実施しました。

その結果、ブルーベリージュースを飲んだ人は、プラセボグループと比較して、学習および記憶テストで有意な改善を示したことがわかりました。

研究者によると、ワイルドブルーベリージュースを飲んだ人の間では、抑うつ症状の軽減とグルコース値の低下を示唆する傾向もありましたが、これらの結果を確認するには、さらなる研究が必要であるとしています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。