過電圧保護システム

過電圧保護

過電圧保護

Raycap は、産業現場で使用する電気過電圧保護装置およびシステムの設計と製造を行うリーディングカンパニーです。 Raycap が開発した保護システムは、特許取得済みの Strikesorb SPD 技術など、産業グレードのコンポーネントを使用しており、産業現場内の重要で繊細な機器を比類ないレベルで保護することができます。 コンピュータやマイクロプロセッサーなど、電力網を通じて供給される脆弱な機器は、電力網や産業施設内部から発生する落雷や過電圧によって損傷を受ける。 Raycap 製品の保護技術は、さまざまな過電圧やサージの原因による損傷を防ぎ、電気サージが機器に接触するのを防ぐように設計されています。

過電圧現象は、工業施設内で落雷よりも一般的に発生します。 過電圧自体は、特定のコンポーネントへの電気の流れが、接続されたシステム内のコンポーネントを潜在的に損傷することが知られている、重要かつ定義されたしきい値を超えて上昇することと定義されています。 過電圧保護(OVP)デバイスは、電気の流量レベルを継続的に監視し、その流量レベルを超えたときに作動します。 Strikesorbが提供する優れたOVP保護装置は、高い短絡電流定格を持ち、柔軟な設置や統合を可能にします。 この技術により、低い貫通電圧を実現し、最適な保護レベルを提供することで、繊細な機器を安全に保つことができます。 この局所的なOVPまたはリモートOVPの設置により、回路の損傷やデータの損失に対する保護が強化されます。

過電圧事象の理由は数多くあります。 電源内の故障は、短時間で有害な電流スパイクを引き起こす可能性があります。 これらのスパイクは、火災や機器の損失、データ障害を避けるために、瞬時に認識し、機器から引き下げるか、または迂回させる必要があります。 その他の電気的事象としては,過渡現象や,誤ったプログラミングによるユーザーエラー,短絡,スイッチエラーなど,電源以外の障害がある。 これらの事象では、安全閾値を超えた電気レベルの短時間の上昇は、正弦波の歪みによってその形状が変化し、機器に問題が発生するものである。 このような過電圧は、電子機器の信頼性に長期的な悪影響を及ぼし、UPSやその他の電源バックアップシステムを含む重要な機器の故障の原因となることがある。 したがって、過渡電圧サージ抑制(TVSS)は、完全な過電圧保護ソリューションの一部として考慮されるべきです。

落雷による過電圧現象は最も深刻で、この種の落雷は別のシステムを使用して防止する必要があるため、防止が困難となります。 送電線への直接落雷に関連する電力スパイクの結果としての過電圧、または構造物への落雷によって結合された過電圧は、厳しい電力サージを引き起こしますが、送電線と機器自体の間に設置した装置によって検知し機器から引き離すことが可能です。

Raycap が提供する過電圧保護システムは、世界で最も洗練された電気保護ソリューションであり、産業設備に最高レベルの電気保護を提供します。 RaycapのOVP製品およびソリューションに関する詳細については、当社担当者にお問い合わせください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。