4月は「アルコール啓発月間」

全米アルコール・薬物依存症評議会は、4月を「アルコール啓発月間」と定めました。 2013年は、NCADDが「個人や家族が助けを求めることをしばしば妨げている偏見を減らすために、一般の認識と理解を高めることを目指す」このプログラムを実施してから27年目にあたります。 その一環として、NCADDはアルコール依存症に関する神話や固定観念を払拭するため、この蔓延する障害に関する事実を取り上げた情報を広めることに取り組んでいます。 依存症の研究者として、私は毎日アルコール依存症に関する悲しい統計に遭遇しています。 しかし、NCADDの「アルコール問題啓発月間」に関する資料に目を通すと、その数字はやはり私を動揺させる。 そして、アルコール依存症は、依存症になった人以上に影響を及ぼすという事実です。 アルコール依存症は、アルコール依存症の人の家族や子どもたちに、精神的、身体的、経済的に大きな負担をかけます。家庭内虐待の75%は、片方または両方が酔っているときに行われ、家族は、アルコール問題のない家族に比べて2倍医療を利用することになります。 親や配偶者がアルコールのために家族へのコントロールを失った結果、感情的・身体的虐待が起こることが多い。 飲酒運転は、年間16,000人の死者と、数千人以上の負傷者を出しています。 犯罪の75%までもがアルコールの影響下にある人々によって引き起こされています。”

今年のテーマは、”Help for Today, Hope for Tomorrow “です。 アルコール乱用防止月間を広めるためにできることは何でもやりましょう。そして、その過程で希望を広げることができるかもしれません。 NCADDの社長兼CEOであるロバート・J・リンジーは、組織のプレスリリースで最高のことを言っています。

「アルコール関連の問題の犠牲者は何千万人もいますが、解決策を見つける能力は、最終的に一つのこと、たった一つのことに尽きます…予防、治療、回復に焦点を当て、家族、コミュニティ、教会、職場で問題意識と解決法を高めるために尽力する一NCADDアフィリエイト、一組織、一人です!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。