72 – ホップ中の8-プレニルナリンゲニンの生殖・エストロゲン効果

Abstract

歴史的、逸話的にホップのエストロゲン活性が認められており、最も有力な植物性エストロゲンとして8-プレニルナリンゲン(8PN)を特定することに成功した。 エストロゲンとして、8PNは生殖器系を含む体内のエストロゲンシグナリングシステムと相互作用する可能性を持っています。 通常の暴露では、「生の」ホップに大規模に暴露される状況(例:ホップ労働者)のみが重要であると考えられ、月経周期の乱れが最も可能性が高いと思われる。 最も一般的なホップ製品であるビールを介した8PNへの曝露が、男女の生殖能力にとって重要であるという証拠はないし、そう疑う理由もない。 8PNのエストロゲン活性を利用する可能性としては、更年期症状がターゲットとして期待できそうです。 弱い「天然」エストロゲンによる治療は、多くの女性に受け入れられやすいようで、少なくともホットフラッシュのような症状については、有効性に関する不確実性が強いプラセボ効果によって覆い隠される可能性がある。 実際、薬理学的エストロゲン製剤と比較して、8PNのエストロゲン活性が比較的弱いことは、ホルモン依存性癌のリスクを低減させるという利点があるかもしれない。 しかし、更年期症状の治療には、通常、健康な女性に対する継続的または長期的な曝露レジメンが必要であるため、8PNおよび関連するホップ由来化合物の他の(非エストロゲン)生物活性を考慮する必要があるため、すべての治療において安全性と効果の両面から慎重に監視する必要があります<441>。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。