CHIROPRACTIC FOR EAR INFECTIONS|tollgatechiropractic

中耳炎は、首のリンパ系の排水がうまくいかないときや、細菌やウイルスが耳管(内耳につながるのどの奥の管)に入らないようにするための筋肉が正しく働かないときによく出てきます。 この2つは大人でも起こりうることですが、2つの理由から通常は耳の感染症になることはありません。 まず、大人では耳管の形や長さが違うので、排水がしやすく、細菌が侵入しにくいのです。 第二に、大人は幼児よりも直立している時間が長いため、排水がよくなり、感染の危険性が低くなります。

いずれの場合も、中耳炎の根本的な原因は、通常、機械的な問題です。 首のリンパ管にあるリンパ液の流れが悪くなり、内耳に水がたまるか、喉の耳管開放部の筋肉が正常に機能しなくなり、口から細菌やウイルスが内耳に入り込んでしまうかのどちらかです。 細菌やウイルスを殺そうとする治療ではなく、耳と首のリンパ液の排出を正常に戻すことが、より自然なアプローチとなります。 これは、カイロプラクティック治療によって最も効果的に行われます。

残念なことに、現在、医師が選択する治療法は、経口抗生物質、通常はアモキシシリンを処方するもので、これは細菌感染を取り除くのに有効な手段です。 しかし、多くの研究調査によると、抗生物質は、体自身の免疫システムよりもあまり効果がないことが多いのです。 また、抗生物質を繰り返し投与すると、薬剤耐性菌が発生する可能性があります。

ほとんどの人は、中耳炎の圧力、したがって痛みを和らげるために「耳にチューブを入れる」という一般的な方法について聞いたことがあると思います。 この手術では、鼓膜に小さな穴を開け、その穴に小さなチューブを入れます。 この開口部によって、耳の中の圧力が緩和され、液体が溜まるのを防ぐことができます。 数ヵ月後、体がチューブを押し出し、穴は閉じます。 この治療はしばしば効果的ですが、リンパ管、筋肉、神経の機械的機能の異常である感染症の根本的な原因には対処できません。

もしあなたの子供が繰り返し耳の感染症を経験したら、私たちに相談することが重要です。 ドワイヤー医師は、あらゆる年齢の患者を診断し治療するためのライセンスとトレーニングを受けており、耳の感染症を持つ子供には、より優しいカイロプラクティック治療を行います。 首の組織の正常な機能を回復させることで、中耳炎は通常、抗生物質や手術を使用することなく、ほとんどの子供で大幅に軽減または完全に除去することができます

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。