if(typeof __ez_fad_position != ‘undefined’){__ez_fad_position(‘div-gpt-ad-sourcedaddy_com-box-3-0’)};Task Sequences

Windows 7 / スタート ガイド

Task sequences is core elements for any OSD operation. これらは、一連のカスタマイズ可能なタスクまたは順次実行されるステップで構成されています。 多くのタスク タイプが ConfigMgr に組み込まれており、MDT では便利なタスクがいくつか追加されています。 さらに、ニーズに合うものが見つからない場合は、ConfigMgr ソフトウェア開発キット (SDK) を使用して独自のタスクを作成できます。

タスク シーケンス ノードのコンテキスト メニューまたはリボン バーから [タスク シーケンスの作成] を選択して使用できる [新規タスク シーケンス ウィザード] は、2 つのデフォルトのタスク シーケンス タイプまたはカスタムのタスク シーケンスを迅速に構築します。 このタイプのタスク シーケンスは、以下の手順を実行することにより、OS イメージを構築します。

  • OSインストーラーからWindowsをインストールする
  • ソフトウェア更新をインストールする
  • イメージに含めるソフトウェアをインストールする
  • その他のカスタマイズを実行する。
  • イメージに取り込むシステムを sysprep して準備する
  • システムのイメージを WIM ファイルに取り込む
  • Deploy an Image: このタイプのタスクシーケンスは、以下のステップを実行してOSイメージを展開します。
    • オプションで使用状態とデータをキャプチャ
    • ハードディスクの準備
    • WIM ファイルに含まれる OS イメージをローカルハードディスクに適用
    • ソフトウェア更新のインストール
    • 追加ソフトウェアのインストール
    • ハードディスクの準備
    • その他のカスタマイズを実行する
    • オプションでユーザーの状態とデータを復元する
  • これら 2 つのタスクシーケンス タイプは、OSD のシナリオの大部分に対処します (「イメージ操作」セクションにウォークスルーがあります)。 しかし、タスクシーケンスは柔軟性があり、デフォルトで生成されるものに限定されるものではありません。 タスク シーケンス エディターにより、タスク シーケンスを簡単にカスタマイズできます。組織の特定の OSD ニーズ、および少しの想像力により、ソフトウェア展開に合わせてタスク シーケンスを調整することができます。非OSDタスク・シーケンスは、従来、ConfigMgr 2007において、一連のタスクにリブートを挿入したり、スケジュールされた時間にシーケンスで実行しなければならない複数のタスクを調整するために、ライティングスクリプトの代わりに使用されていました。 ConfigMgr 2012では、管理者が非OSDタスクシーケンスを使用するすべての機能(およびもちろんそれ以上)を提供するために製品チームが特別に設計した新しいアプリケーション管理機能のために、非OSDタスクにタスクシーケンスを使用することは推奨されませんが、まだ可能で、いくつかの利点を持っています。

    作成後にタスク シーケンスを編集するには、右クリックして [編集] を選択します (コンテキスト メニューから [プロパティ] を選択すると、タスク シーケンスのプロパティ ダイアログが表示され、タスク シーケンス エディタには表示されません)。 タスクを追加するには、Add ドロップダウンメニューを選択し、タスクのカテゴリーを選択し、タスクを選択します。 各タスクはカスタマイズ可能で、次に説明するように設定可能なパラメーターを持っています。

    タスクシーケンスフェーズ

    タスクシーケンスは正式にフェーズに分解されませんが、タスクシーケンスには明らかに異なる部分が存在します。 これらの異なる部分が何を担当しているかを知ることは、タスクシーケンスをどのように組織化し、どのようにトラブルシューティングするかを知るために重要である。 タスク シーケンスのこのオプションのフェーズは、システムに現在インストールされている OS で実行されます。 これは通常、既存のユーザー・データをキャプチャし、ハード・リンクを使用してSMPまたはローカル・ハード・ディスクに保存することを含む。 他の可能なタスクには、システムの BIOS をアップグレードする、ユーザー入力を求める、またはシステムの現在の状態や役割に関する他の情報を収集するなどがあります。
    このフェーズは WinPE への再起動で終了します。 ハードドライブの準備、無人でのファイルの作成と変更、およびドライバと OS インストール ファイルを含む Windows インストールに必要なすべてのファイルをハードドライブにコピーすることが含まれます。 このフェーズでは、ハード ドライブにコピーされた OS インストール ファイルから Windows セットアップまたはミニ セットアップを実行します。 Windowsセットアップは、このフェーズが完全に無人であることを保証するために、前のフェーズで作成および変更された無人ファイルの情報を使用します。適用可能なドライバは、WinPEフェーズでハードディスクにコピーされたものとシステム内の既存のハードウェアのプラグアンドプレイ・スキャンに基づいて、Windowsセットアップによってインストールされます。 Windows がインストールされた後、Windows の動作中のインストールの存在に依存する他のすべての構成が実行されます。
    このフェーズは、通常の展開シナリオですべてのタスクが終了したときに終了します。 ビルドとキャプチャのタスク シーケンスでは、イメージ化タスクの準備が開始されるとこのフェーズは終了します。 この最後の構築およびキャプチャのみのフェーズは、ConfigMgr エージェントのイメージングと Windows の sysprepping の準備から開始します。 最後に、システムは WinPE で再起動され、インストールされたばかりの Windows のインスタンスが WIM ファイルにキャプチャされます。 イメージの作成が完了した後、システムは再起動されますが、システムは sysprepped バージョンの OS で起動します。

    また、prestartcommand(「ブートイメージのカスタマイズ」セクションで説明)またはタスクシーケンス自体で最初に実行するプログラム(次のセクションで説明)を使用して、タスクシーケンスが開始する前にコマンドを実行することもできます。 プレスタート・コマンドは、タスク・シーケンスが実行される前にWinPEで実行され、ブート・イメージの機能です。 プログラム依存は、現在のOSで実行され、タスクシーケンスがOSから開始された場合にのみ実行されます。 これらの手法のいずれかを使用する理由には、次のいずれかまたは組み合わせが含まれます:

    • 一連のオプションから選択できるようにインタラクティブに UI を表示する。
    • タスクシーケンス自体で使用する 1 つまたは複数のタスクシーケンス変数の値を設定する。
    • ActiveDirectory からの削除、BIOS アップグレード、ディスクエラーのチェックなどシステムの他の準備を実行する。

    Leave a Reply

    メールアドレスが公開されることはありません。