Kalanchoe fedtschenkoi ‘Variegata’ at San Marcos Growers

Kalanchoe fedtschenkoi ‘Variegata’ (Variegated Lavender Scallops) – 多肉質なラベンダーグレーグリーンの葉と葉縁にクリーム色の斑点がある大きなコロニーを作り、地面に沿って茎を広げ、1〜2フィート高く成長する小さな低木の多肉植物です。 晩春から初夏にかけて、赤褐色のベル型の花を直立した茎から3/4インチほど咲かせます。 水はけのよい土で、海岸の日向から日陰、または明るい室内に植えます。 春から秋にかけては定期的に、または時々灌水しますが、冬は水を補う必要はありません。 2007 年 1 月には氷点下 25 度まで冷え込みましたが、斑入りの株はダメージを受けませんでした。 鉢植えでも、乾燥に強いグランドカバーとしても、多肉植物やロックガーデンのフォーカルプランツとしても、とても良い植物です。 カランコエという名前は謎めいています。中国語の’Kalan Chauhuy’の音写で「落ちて成長するもの」という意味から来ているという説もあり、おそらく多くの種から落ちる小花にちなんでいると思われますが、古代インドの言葉で「点」や「錆」を意味する’kalanka’と、インドの種Kaciniataの赤く光沢のある葉にちなみ「艶やかな」という意味であるとする説もあります。 フェドシェンコイ」は、ロシアの植物学者で、サンクトペテルブルク帝国植物園の園長を務めたボリス・A・フェドシェンコ(1873-1947)の名を冠したものである。 ラベンダーホタテの名は、明るいところで育てると葉がラベンダー色になることに由来する。 南米産のエアープランツと呼ばれることもあるが、原産地はマダガスカルで、南米ではないので誤解を招きやすい。 南米の一部(ガラパゴス諸島)、フロリダ、インド、ハワイ、ポリネシアなどで栽培されていたため、このような名前がついたと思われる。 このページに記載されている情報は、当園がこの植物について調べたこと、信頼できるオンラインの情報源から得た情報、および当園でのこの植物の栽培、当園の庭や他の庭での栽培の観察に基づいています。 また、他の方からのコメントも取り入れ、特にカランコエ・フェドシェンコイ’ヴァリエガタ’の栽培に役立つような文化的情報をお持ちの方からのフィードバックもお待ちしております。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。