WHO EMRO|拡大予防接種プログラム|プログラム|エジプト

予防接種はエジプトにおけるジフテリア、破傷風、百日咳、麻疹、ポリオなどの疾病を予防するための重要な手段である。エジプトでは、予防接種はジフテリア、破傷風、百日咳、はしか、ポリオなどの病気を防ぐための重要な手段です。拡大予防接種プログラム(EPI)は、命を救う費用対効果の高さから、エジプトで優先的に実施されているプログラムです。 エジプトにおけるEPIは、ワクチン接種率の向上と継続的な監視により、ジフテリア、破傷風、百日咳、はしか、ポリオといった疾病による疾病、障害、死亡の減少につながり、90%を超える強力な国家予防接種率を含め、ワクチンで予防できる疾病の抑制にいくつかの成功を収めた。

保健人口省(MoHP)は、細菌性肺炎による罹患率と死亡率の削減を目指して、PENTAワクチンの構成要素としてヘモフィルス・インフルエンザ(Hib)ワクチンの導入を通じて、EPIの取り組みを引き続き推進している。 これに加えて、MoHPは、ウイルス性肝炎に対処する行動計画の一環として、B型肝炎ワクチンの出産時接種のパイロットプログラムを導入しています。

定期的な予防接種の高い接種率により、ワクチンで予防できる病気は過去数十年で顕著な減少を見せている。 しかし、いくつかの要因は、2013年と2014年に発生した麻疹の大流行や、新しいワクチン導入のための資金調達の必要性が高まっているなど、依然として課題があることを示しています。

グローバル・ワクチン・アクション・プラン2010-2020に沿って、WHOはワクチン接種者及び監視・定期予防接種の監督者のトレーニングを通じて、エジプトのEPIにおける取り組みを引き続き支援します。

WHOは、冷凍冷蔵庫やログタグなどのコールドチェーン機器の調達において、MoHPを直接支援しています。 また、IPVの導入に関する技術支援や、急性弛緩性麻痺のサーベイランス維持のための財政支援も行っています。

ポリオ撲滅に向けて

エジプトは2006年以来ポリオがなく、予防接種と監視活動はポリオのない状態を維持するために重要である。 2012年12月と2014年2月に環境サンプリングにより野生ポリオウイルスの輸入が確認され、シリア国内での発生はさらなる輸入のリスクとなっています。

エジプトがポリオフリー宣言をされて以来、毎年2回の全国予防接種日(NID)がMoHPによって、WHO、ユニセフ、USAIDの支援を受けて実施されています。 技術的な支援は、キャンペーンの展開、監視、コミュニケーションに関するトレーニングを通じてWHOから提供されています。

WHOはまた、独立したNIDキャンペーンのモニタリングも行っています。 2014年4月の報告書では、全体的に高いカバー率(97%)であることが明らかになりましたが、カバー率が90%を下回る特定のホットスポットも見受けられました。 その後、キャンペーン・モニタリング・レポートの知見は、2014年10月のNIDでこれらの地域をターゲットにするために使用されました。

関連リンク

予防接種

ポリオ撲滅イニシアチブ

エジプトのポリオ

2014年4月キャンペーン後モニタリング報告書

関連リンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。